徹底活用!よくわかるサブリースin大阪

TOP > 大阪のサブリースの豆知識 > 物件管理を任せることができるサブリース

物件管理を任せることができるサブリース

アパートやマンションの建物を保有するとき、賃料収入を得ることができます。
何もせずに収入が得られるわけではなく、物件管理など様々な管理が必要になります。
上手く管理ができなければ利用してもらえず、得られるはずの賃料が得られないことも出てきます。
せっかく賃料が得られる物件を持っていても無駄になってしまいます。
管理をする人が不動産の管理に専念できる状態であれば、自分で管理をすれば済むでしょう。
しかしサラリーマンなどの本業を持っていると常に管理をするのが難しくなります。
そこで不動産会社に管理をしてもらえるサービスが用意されています。
不動産会社が管理をする範囲は様々で、物件の掃除などを行ってくれる管理から、もっと幅広い部分まで管理を行ってくれるサービスなども利用できます。


大阪で賃貸物件を持っている人で自分自身で物件の管理ができないとき、サブリースの利用を検討してみましょう。
サブリースは不動産会社に丸ごと借りてもらう方法で、管理などのほとんどを不動産会社に任せます。
所有者は建物の所有のみで管理はほぼしなくて済みます。
賃料の回収も業者が行ってくれますし、物件の掃除も行ってくれます。
入居者はどうするかですがこちらも業者の方が行ってくれます。
入居者の募集から入居時の立会いなど本来物件所有者が行うべきことをほぼ行ってくれます。
物件所有者は物件の現場まで行く必要が無くなるので、自宅近くの物件でなくても所有ができます。
大阪に住んでいるなら大阪の物件を持っていないと管理が難しかったですが、大阪以外に住みながら大阪に物件を保有したりができます。


サブリースを利用した時に物件所有者は業者とどんな契約を結ぶかです。
不動産の一括借り上げになるので、業者側がまず賃料の支払いをしてくれます。
空室が出ていようと満室であろうと業者がすべての部屋分の賃料を払ってくれます。
その中から管理にかかるコストを差し引いて所有者に支払ってもらいます。
賃料を丸ごと受けられるものの、設定されている賃料の全てを受けられるわけではありません。
物件の立地などを考慮して、事前にどれくらいの割合で受けられるようにするかの取り決めを行います。
サブリースの契約は永久に行えるわけではありません。
一定期間の契約を行いますが、更新をすればそれ以降も利用ができます。
ただ受ける金額などは下がる可能性があります。
物件の価値が下がればその分受ける賃料の割合も下がります。