徹底活用!よくわかるサブリースin大阪

TOP > 大阪のサブリースの豆知識 > 大阪でサブリース会社を利用するときに抑えておきたいポイント

大阪でサブリース会社を利用するときに抑えておきたいポイント

大阪は西日本最大の経済の中心都市として、数多くの人もモノも集まります。
時代の趨勢にあわせて地域的に需要の多寡の違いはありますが押しなべて賃貸住宅へのお旺盛な需要が常に存在していると言って間違いないでしょう。
相応の賃貸物件へ需要がある以上、投資用物件を取得して不動産投資による安定した収益をあげるチャンスに恵まれていると言って良いわけです。
他方で賃貸不動産投資には常に空き室リスクが存在しています。
空き室率のゾ動向はダイレクトに賃料収入に反映されるので、家主の皆さまは入居者を速やかに見つける必要性が高いわけです。
しかし多くのオーナー諸氏にとっては本業を抱えており、賃貸物件入居者のための広告募集を初めとして、入居後の滞納リスクや基本設備の保守保全などの面倒な手続きなどは大きな負担になってしまいます。


このような悩みに正面から答えるのがサブリース会社の利用になります。
サブリースとは貸主(オーナー)から一括して借り上げた上でさらに転貸人に貸し出すと言うものです。
サブリース会社は実際に賃貸物件に入居する転貸人から賃料を収受し、借主との間で契約で約定された一定額を支払う一方で、手数料として差額を徴収し収益をあげるという事業モデルを採用しています。
サブリースの契約では「長期の家賃保証」や「安定した賃貸経営」などの文句が並びますが、実際には必ずしも文言どおりに賃料収入が長期間継続するとは限りません。
家賃保証条項についても、おおむね2年程度の期間ごとに家賃の見直しをする旨が記載されています。
また近隣の不動産賃料が下落する相場曲面では、サブリース会社からの値下げ交渉の余地もあります。


賃料相場が安定し、実際の入居率が高い限りはサブリースは賃貸物件オーナーにとっては魅力的です。
ただし将来にわたって収益をあげるためには、サブリース会社が提示する家賃が相場額に照らして妥当なのかを判断するための情報収集をすることが求められます。
叉サブリース会社に払う手数料はコストの一つと考えて、相応のコストを支払ってもなお利益を見込める損益分岐点を意識して利用の可否を検討することも必要になるでしょう。
そして家賃の査定額や見直し額の妥当性については各社の情報収集力や分析力で差異があるので、一社だけでなく複数のサブリース会社の見積もりを取って比較対象とすることも低コストで不動産賃貸収入をあげる上では必要な視点と言えます。
サブリースを活用して収益をあげるなら、メリットとデメリットを十分に理解した上で判断するのが重要です。

次の記事へ