徹底活用!よくわかるサブリースin大阪

TOP > 大阪のサブリースの豆知識 > 一括借り上げでの家賃保証制度の大阪でのサブリース

一括借り上げでの家賃保証制度の大阪でのサブリース

一括借り上げでの家賃保証制度のサブリースは、賃貸物件をオーナーから一括で借り上げをします。
その後その賃貸への入居者の集客をして契約を結びます。
大阪でもこうした仕組みを利用するケースがありますが、よく理解をした上での利用をすることです。
物件管理業務全般や家賃の回収などを引き受けてくれて、リース料としてオーナーに支払われるのは家賃のおよそ80%から90%くらいになります。
アパートやマンションなどの物件の入居者がいてもいなくても、リース料金は一定額の保証があるのも特徴です。
自分でアパートやマンションの経営をすべて行うとなると、家賃滞納時には自分で回収をしなければなりません。
部屋に空きが出てしまったら、入居者募集をするのも自分です。
こうしたことは全て引き受けてくれて、リース料も入るので選択肢の一つになります。


転貸をする建物がサブリースには必要となり、すでに建築されている賃貸でも、これから新しく建てる物件でも構いません。
空き地を利用して新築物件を建てるのは典型的なパターンですが、持て余している土地を有効活用する一環でもあるためです。
長期保証を宣伝文句にしていることもありますが、新築物件も年数が経過をすればやがて古い物件になるので、長期間の賃料保証はあまり期待はできません。
物件所有者にとってみれば、中期的な家賃保証があるのは心を控えます。
現実的には契約の更新が2年から5年で行われたり、賃料改定が定期的に行われたりするので、最初の賃料がずっと続くことはまずないです。
冷静に考えてもわかるように、家賃収入は物件の老朽化と共に減りますので、いつまでも同額の保証ということはまず考えられません。


サブリース会社との契約時には契約内容を丁寧にわかりやすく説明をしてくれることは条件であり、不十分な説明のままで契約をするのはトラブルの元です。
悪質な会社にあたってしまうと説明に虚偽があって、そのまま契約をしてしまいかねません。
アパートでもマンションでも築年数が経過をすればするほど、現実的に家賃はどんどん下がります。
古い物件よりも新築物件に人気は集まるので、築年数が経過したら入居者も減るので、家賃保証額が定期的に見直されて、最終的にオーナーに入るリース料は少なくなることも知っておくことです。
ですが優良な会社ではこうした将来的に起こりうるリスクや、現実的なことまで説明をします。
だからこそよく考えて契約をすることが出来ますし、大阪なら信頼できる会社との契約をすることが可能です。

次の記事へ